Main

Robe River J/VのMesa A / Warramboo鉱区開発について

2007年12月27日


Main Contents

当社は世界有数の鉱物資源会社リオ・ティント社(豪・英)他と共に西豪州で共同運営を行う鉄鉱石事業ローブ・リバーJoint Venture((以下Robe J/V)リオ・ティント社53%、当社33%、新日鉄10.5%、住友金属工業3.5%)において、Robe River鉄鉱山でのMesa A / Warramboo鉱区(埋蔵量2.5億トン)の開発を決定しました。

Mesa A / Warramboo鉱区からの生産開始は2010年を予定しており、最大25百万トン/年の生産を行い、既存のMesa J鉱区等とあわせRobe River鉄鉱山の現行年産能力(32百万トン)を維持する計画です。操業期間は11年間を予定しており、Mesa J鉱区まで49kmの鉄道を新設し、既存インフラを活用します。

開発総投資額は901百万米ドル(約1,000億円)を見込んでおり、当社は100%子会社であるMitsui Iron Ore Developmentを通じて297百万米ドル(約330億円)の投資を行うことになります。

Robe J/Vは引続き鉄鉱石の供給能力の拡充を進め、世界的にタイトな需給状況に対応していきます。

ご注意:
本発表資料には、将来に関する記述が含まれています。こうした記述はリスクや不確実性を内包するものであり、経営環境の変化などにより実際とは異なる可能性があることにご留意ください。また、本発表資料は、日本国内外を問わず一切の投資勧誘またはそれに類する行為を目的として作成されたものではありません。

Information