Main

ニューカレドニア ゴロ・ニッケル プロジェクトへの追加出資について

2007年11月16日


住友金属鉱山株式会社
三井物産株式会社


Main Contents

住友金属鉱山株式会社(本社:東京都港区 社長:家守伸正 以下「住友」)と三井物産株式会社(本社:東京都千代田区 社長:槍田松瑩 以下「三井」)は、カナダのニッケル生産大手CVRDインコ社(CVRD INCO LIMITED、本社:トロント 以下「CVRDインコ」)と共同でニューカレドニアにおいて推進中の”ゴロ・ニッケル”プロジェクト(Goro Nickel Cobalt Project、以下「ゴロ・プロジェクト」)に対し、追加出資を行うことを決定しました。

ゴロ・プロジェクトの総事業費は本年初めよりゴロ・ニッケル社(Goro Nickel S.A、本社:パリ)によって見直し作業が進められ、約32億米ドルに見直されました。住友、三井は2005年にゴロ・プロジェクトに参画し、その当時、約19億米ドルとされていた総事業費の増額を受けてプロジェクトの再評価を実施致しました。その結果、従来通り、そのシェアに応じた出資に応ずることと致しました。住友と三井は両社の合弁会社であるSumic Nickel Netherlands B.V.を通じて、この追加資金の出資を行います(総出資額は住友約2.9億米ドル、三井約2.6億米ドル)。なお、ゴロ・プロジェクトの操業開始時期は2008年末を予定しています。

ご注意:
本発表資料には、将来に関する記述が含まれています。こうした記述はリスクや不確実性を内包するものであり、経営環境の変化などにより実際とは異なる可能性があることにご留意ください。また、本発表資料は、日本国内外を問わず一切の投資勧誘またはそれに類する行為を目的として作成されたものではありません。

Information