Main

タイ国海上4鉱区を対象とした利権契約の10年間延長について

2007年10月29日


Main Contents

当社子会社の三井石油開発株式会社(本社:東京都港区西新橋1丁目2番9号/社長:香川幸之、当社出資比率50.34%、以下MOECO)は、本日タイ国バンコク市において、事業パートナーである米国シェブロン社およびタイ国国営系PTTEP(PTT Exploration & Production Public Company Limited)社とともに、同国エネルギー省とタイ湾海上4鉱区(第10/11/12/13鉱区、合計面積:約4,572平方キロメートル、添付鉱区図参照)を対象とした利権契約の10年間の延長につき合意し、附属利権契約を締結しました。これにより、上記4鉱区を規定する2つの利権契約は、2012年4月から更に2022年4月迄、10年間延長されることが確定しました。

同鉱区にはタイ湾有数の生産中のガス・コンデンセート田、油田が含まれ、2007年7月時点において、日産量約10億立方フィートのガスおよび約6万バーレルの原油・コンデンセートを生産しております。同鉱区は第1次から第3次にわたる3つのガス販売契約対象地域に分かれ、MOECOは第1次ガス販売契約地域に20%の権益を、同2次地域に30%、同3次地域に23.75%の権益を夫々保有しています。

今後も当社はMOECOを通じて、事業パートナー2社とともに、タイ国との良好な関係を保ちつつ、長期的な視点で同国へ安定的に資源供給していきます。

鉱区図

鉱区図

ご注意:
本発表資料には、将来に関する記述が含まれています。こうした記述はリスクや不確実性を内包するものであり、経営環境の変化などにより実際とは異なる可能性があることにご留意ください。また、本発表資料は、日本国内外を問わず一切の投資勧誘またはそれに類する行為を目的として作成されたものではありません。

Information