Main

中国「内蒙古オルドスEJMマンガン合金有限公司」工場の拡張合意

2007年10月4日


JFEスチール株式会社
三井物産株式会社
株式会社オルドスジャパン


Main Contents

JFEスチール株式会社(代表取締役社長 馬田 一)、三井物産株式会社(代表取締役社長 槍田 松瑩、以下「三井物産」)、オルドス電力冶金股分有限責任公司(総裁 王 林祥、以下「オルドス」)は、3社の合弁会社「内蒙古オルドスEJMマンガン合金有限公司」(以下「オルドスEJM」)シリコマンガン工場の拡張(第2工場建設)を決定致しました。今後、中国当局の必要な許認可取得後、年内を目途に15百万米ドルの資本金を約30百万米ドルまで増資する予定です。

第2工場は、2006年7月から稼動中の第1工場と同規模(2.55万KVA x 2基、7万5千トン/年)を予定しており、2008年末の商業生産開始を見込んでいます。本工場の稼動により、オルドスEJM社は、第1、第2工場あわせて15万トン/年のシリコマンガンを生産する中国最大規模、世界でも有数のシリコマンガン工場となります。

JFEスチールグループでは、製鋼工程でのマンガン添加および脱酸剤として、年間約9万トンのシリコマンガンを購入・使用しており、オルドスEJM社製品を中心に輸入しています。近年の中国鉄鋼業の急激な伸長に伴い、中国国内でのシリコマンガン需要が急増し、安定的な供給源の確保が課題となっていましたが、今後第2工場が加わることにより、JFEスチールグループのシリコマンガンの安定調達体制は更に強固となります。

三井物産は、日本向けを中心にマンガン系合金鉄を供給しています。オルドスEJMの第2工場拡張へも出資参画することで、JFEスチールグループを始めとした顧客へのシリコマンガン安定供給基盤をさらに強化致します。

オルドス社は、中国中央政府の西部大開発政策に則り、内蒙古自治区オルドス市の豊富な石炭を利用した火力発電所の電力による合金鉄生産プロジェクトを推進しており、既に生産中のオルドスEJM第1工場、フェロシリコンおよびシリコンカーバイド工場に加え、オルドスEJM第2工場立ち上げにより同社の合金鉄生産体制は更に拡大致します。

合弁会社の概要

1.社名 内蒙古オルドスEJMマンガン合金有限公司
(中国名: 内蒙古鄂爾多斯EJM 合金有限公司)
(英語名: Inner Mongolia Erdos EJM Manganese Alloys Co., Ltd.)
2. 所在地 中華人民共和国 内蒙古自治区 オルドス市 棋盤井地区
3. 資本金 15百万米ドル[約30百万米ドル(約35億円)へ増資予定]
4. 出資比率 オルドス 51.0%、JFEスチール 24.5%、三井物産 24.5%
5. 生産品目 シリコマンガン
6. 生産能力 第1工場 7万5千トン/年(25,500KVA x 2基)2006年7月から稼動中
第2工場 7万5千トン/年(25,500KVA x 2基)2008年末稼動予定
7. 販売先 日本、中国など

オルドス社概要(オルドス電力冶金有限責任公司)

オルドス社は、オルドスカシミア集団(中国名:顎爾多斯羊絨集団公司)の傘下企業として2003年に設立された。中国中央政府の西部大開発政策のもと、オルドス市の豊富な石炭資源とその石炭を活用した火力発電所により合金鉄の生産等を行っている。
オルドスカシミア集団は、1969年創業のカシミア紡績を本業とした加工一貫メーカーで、世界最大規模のカシミア製品加工企業である。本社は、中国・内蒙古自治区のオルドス市。傘下企業は72社に上り、同集団の中心企業であるオルドスカシミア製品有限公司は上海株式市場で上場している。

内蒙古オルドスEJMマンガン合金有限公司所在地

内蒙古オルドスEJMマンガン合金有限公司所在地

ご注意:
本発表資料には、将来に関する記述が含まれています。こうした記述はリスクや不確実性を内包するものであり、経営環境の変化などにより実際とは異なる可能性があることにご留意ください。また、本発表資料は、日本国内外を問わず一切の投資勧誘またはそれに類する行為を目的として作成されたものではありません。

Information

お問い合わせ先

JFEスチール株式会社 総務部 広報室
TEL:03-3597-3166
三井物産 広報部 笠原
TEL:03-3285-7562
FAX:03-3285-9819
お問い合わせフォーム
株式会社オルドスジャパン 広報部
TEL:03-3662-1515