Main

在日ブラジル人学校支援/2007年度支給校決定のお知らせ

2007年8月20日


Main Contents

三井物産株式会社は在日ブラジル人の教育問題を重要な社会的課題と考え、2005年度から在日ブラジル人児童への教育支援プログラムを開始しました。
在日ブラジル人学校への教育関連品の支援は、本プログラムのひとつですが、このたび、2007年度の支給先10校を下記の通り決定しましたので公表いたします。

2007年度支給校

(1) Escola Néctar (Aichi) エスコーラ・ネクター(愛知県豊田市)
(2) Colégio Dom Bosco (Aichi) コレジオ・ドン・ボスコ(愛知県小牧市)
(3) Escola Pingo de Gente (Ibaragi) エスコーラ・ピンゴ・デ・ジェンテ(茨城県下妻市)
(4) Instituto Educacional Gente Miúda (Gunma) インスチツート・エドカショナル・ジェンテ・ミウーダ(群馬県邑楽郡)
(5) Instituto Educacional Centro Nippo-Brasileiro (Gunma) インスチツート・エドカショナル・セントロ・ニッポ・ブラジレイロ・デ・オイズミ(群馬県邑楽郡)
(6) Centro Educacional Canarinho (Saitama) セントロ・エドカショナル・カナリーニョ(埼玉県鴻巣市)
(7) Colégio Latino de Shiga (Shiga) コレージオ・ラティーノ・デ・シガ(滋賀県蒲生郡)
(8) Colégio Pitágoras Brasil-Hamamatsu (Shizuoka) コレージオ・ピタゴラス・ブラジル 浜松校(静岡県浜松市)
(9) Escola Nipo Brasileira Iwata (Shizuoka) エスコーラ・ニッポ・ブラジレイラ 磐田校(静岡県磐田市)
(10) Colégio Pitágoras Brasil-Yamanashi (Yamanashi) コレージオ・ピタゴラス・ブラジル 山梨校(山梨県南アルプス市)

寄贈品:各校500万円を限度とした教育関連品を予定しています。

2005年度からスタートした在日ブラジル人学校への支援は、2005年度及び2006年度には年4校、各500万円相当の教育関連品寄贈を実施してきました。
一方、学校現場の実態の視察を通じて、在日ブラジル人学校に於ける学習環境のより早急なる改善が必要であることを痛感し、本年度はその対象を10校とし、大幅に増やすこととしました。

尚、本件は日本貿易会傘下のNPO法人ABIC(国際社会貢献センター)中南米チームの全面的支援を得て推進されています。

背景:

(1)2006年末に在日ブラジル人は31万人を超え(平成19年版在留外国人統計)、そのうち就学適齢期(5歳から14歳)は約3万人にのぼります。在日ブラジル人学校に通学する児童は、設備/教材不足で十分な教育を受ける環境に無く、また、日本の公立学校に通学する児童は日本語力不足による落ちこぼれが問題となってます。こうした問題が不就学や非行の低年齢化の流れにも繋がり、我国のみならずブラジルにとっても深刻な社会問題となっています。

(2)当社は、長期かつ広範囲な分野でブラジルとのビジネスに携わっており、日本とブラジルの両国のパートナーシップをより発展させていくためには、こうした身近な社会問題の解決に向けた取組みも重要と考えています。社会的課題の解決は、決して企業一社でなしえるものではありませんが、当社の活動が、わずかなりとも問題解決の一助となり、更にこうした取組みの輪が社会全体に広がっていくことを期待して、下記3つの活動を推進しています。

a. 在日ブラジル人学校への支援
狭い教室、不足する教材など恵まれない状況で学習をしている在日ブラジル人学校在籍の子供たちを支援すべく、教育関連品を選抜した学校宛に寄贈しています。
96校の在日ブラジル人学校のうち、文部科学省が認可した大学入学資格付与校(現在 33校)を主たる対象とし、在日ブラジル人社会やその支援に係わる有識者からなる選定委員会にて支給校を選抜し、当社により最終決定しています。

b. 在日ブラジル人支援NPOの活動への支援
在日ブラジル大使館及び領事館と連携し、在日ブラジル人への支援活動、特に青少年の非行防止事業及び不就学の子供の支援、を実施しているNPOを支援しています。

c. 在日ブラジル人児童向け補助教材制作。東京外国語大学と産学共同事業。
日本の公立学校に通う在日ブラジル人児童が日本語の習得の遅れで「落ちこぼれ→不就学 → 非行」と繋がる道をたどることを防ぐ一助となるよう、教科学習、日本語習得に効果的な補助教材を開発するものです。
2007年4月から教材の一部(プロトタイプ版)を東京外国語大学のWEB上に公開しています。

2005年度、2006年度支給校一覧

2005年度支給校(4校)

1 Colégio Pitágoras Brasil - Ota コレージオ・ピタゴラス・ブラジル 太田校 群馬県 太田市
2 Escola Alegria de Saber - Toyohashi エスコーラ・アレグリア・デ・サベール 豊橋校 愛知県 豊橋市
3 Escola São Paulo - Anjo エスコーラ・サンパウロ 愛知県 安城市
4 Colégio Áureo コレージオ・アウレオ 愛知県 名古屋市

2006年度支給校(4校)

1 Escola Paralelo - Isesaki エスコーラ・パラレロ 伊勢崎校 群馬県 伊勢崎市
2 Escola Brasileira Prof. Kawase エスコーラ・ブラジレイラ・プロフェソール・カワセ 岐阜県 大垣市
3 Soc.Ed.Brazilian School ソシエダーデ・エドカショナル・ブラジリアン・スクール 岐阜県 美濃加茂市
4 Col. Pitágoras Brasil - Kariya コレージオ・ピタゴラス・ブラジル 刈谷校 愛知県 刈谷市

ご注意:
本発表資料には、将来に関する記述が含まれています。こうした記述はリスクや不確実性を内包するものであり、経営環境の変化などにより実際とは異なる可能性があることにご留意ください。また、本発表資料は、日本国内外を問わず一切の投資勧誘またはそれに類する行為を目的として作成されたものではありません。

Information