Main

欧米デジタルマーケティング事業者 蘭・Buongiorno Marketing Services Netherlands B.V.への出資経営参画について

2007年6月22日


Main Contents

当社は、Buongiorno Marketing Services Netherlands B.V.(本社:オランダ・ハーグ市、社長:Alvise Zanardi、以下「BMS社」)へ40%(約13.3百万ユーロ)出資経営参画する事で合意に至りましたのでお知らせします。

当社は、2006年1月27日付け、及び、2007年3月27日付け当社プレスリリースの通り、BMS社の親会社であるBuongiorno S.p.A.(本社:イタリア・パルマ市、会長:Mauro Del Rio、以下「B社」)とグローバルな戦略的事業提携の下、アジア・ロシア・北米地域において携帯電話端末向けコンテンツ配信事業やコンテンツ配信プラットフォーム提供事業を共同で展開して来ました。(参考資料(1)参照)

今般当社が出資経営参画するBMS社は、2007年1月に設立された持株会社で、消費者動向を木目細かく分析するCRM(カスタマーリレーションシップマネジメント)ノウハウや各国の消費者データベース、多様なデジタルフォーマットや携帯電話端末スペックに対応したモバイル向け情報配信技術を持ち、欧州で食品、生活雑貨、自動車等の消費財メーカーや金融機関等、500社以上の企業向けに販売促進、広告配信等のデジタルマーケティングサービスを提供しています。
(参考資料(2)、(3)参照)

欧米では、携帯電話ネットワークのブロードバンド化や第三世代携帯電話端末の普及、データ通信料金の定額課金制が一部で開始される等、日本と同様に携帯電話のメディア価値が向上している一方、消費者の嗜好が多様化する中、各企業は効果的な販売促進・マーケティング手法を模索しています。今後、消費者との接点拡大を求めて、常に消費者と行動を共にする携帯電話と、インターネット、TV/雑誌等のリアル媒体との連動により、消費者に効果的に訴求する販売促進・マーケティング需要が一層高まると予想されています。

当社は、コンシューマー関連事業を戦略重点分野の一つと位置付け、新規事業創出とグローバルビジネス展開に注力しています。今般のBMS社への出資経営参画を機に、日本国内で実証済の先進的デジタルマーケティングソリューション・ノウハウの提供支援、及び、欧米グローバル企業向けデジタルマーケティング活動支援を行い、BMS社が「欧州におけるNo.1デジタルマーケティング企業」となることを目指すとともに、米国への事業拡大を図る予定です。

参考資料

(1)Buongiornoグループとの出資関係

Buongiornoグループとの出資関係

(2)B社、BMS社事業領域

B社、BMS社事業領域

(3)BMS社 会社概要

会社名称 Buongiorno Marketing Services Netherlands B.V.
所在地 オランダ・ハーグ市(2007年1月設立)
資本金 約23百万ユーロ
出資比率 B社:60%/当社:40%
当社出資金額 約13.3百万ユーロ(約22億円 @165円/ユーロ)
事業拠点 イタリア、スペイン、ドイツ、オーストリア、フランス、オランダ、イギリス、アメリカ
事業内容 企業クライアント向けに、主にデジタルツール(Web、Mobile)を活用した消費者との接点構築、維持、拡大を図るような広告・販売促進マーケティングサービスを提供。
  • 細かな属性管理が為された自社保有の消費者データベースを駆使したPush型広告配信
  • 主に消費財ブランド企業向けの販売促進キャンペーンの企画・実行
  • 商品やブランドに対するロイヤリティ向上を目的としたポイントプログラム
  • 自社編集・執筆を行うE-mailニュースレター配信、及びニュースレター内での広告掲載

BMS社会社概要

(BMS社は、B社の欧州各国(伊、西、仏、独、墺)現地法人から広告、販売促進等のデジタルマーケティング事業部門を分離独立させた新設現地法人と、英・米・蘭への本格事業参入を目的に買収した他事業会社2社(旧HotSMS社、Flytxt社)を100%子会社として傘下に収めています。)

ご注意:
本発表資料には、将来に関する記述が含まれています。こうした記述はリスクや不確実性を内包するものであり、経営環境の変化などにより実際とは異なる可能性があることにご留意ください。また、本発表資料は、日本国内外を問わず一切の投資勧誘またはそれに類する行為を目的として作成されたものではありません。

Information