Main

ニュージーランドSynlait Limited第三者割当増資引受のこと

2007年6月6日


Main Contents

当社は、世界最大の乳製品輸出国であるニュージーランドの独立系酪農法人Synlait Limited(本社:ニュージーランド・クライストチャーチ市郊外、以下「シンレイ社」)と第三者割当増資NZ$13.5百万ドル(12億円)の引受けに伴う同社株式14%の取得、及び同社へのNZ$16.5百万ドル(15億円)の融資に合意しました。

ニュージーランドの乳製品輸出は、長きにわたりNZDB(ニュージーランド酪農庁)により管理されてきましたが、2001年の規制緩和で新規参入が可能となりました。
この規制緩和を視野に入れ、シンレイ社は2000年に創設され、自営酪農場を持ち企業酪農方式を取りながら、酪農事業を軌道に乗せました。

今般、乳飲料・菓子類等に使用する粉乳の需要拡大を鑑み、乳製品加工販売事業に参入することを決定し、全脂粉乳を製造する加工工場を新たに建設することと致しました。製品は、特に食の洋風化及び人口増に伴い急速に需要が拡大している中国・アジア・中東を中心に輸出致します。当社は、同地域での販売・物流ネットワークを最大限活用して販売に協力するとともに、シンレイ社製品の輸出代理店として輸出業務をサポートしていきます。

世界の生乳生産量は過去10年間に年平均2%成長しましたが、乳製品貿易量は年平均4%増加、需給が構造的に変化し、世界規模で引き続き供給不足が見込まれ乳原料の安定的確保は喫緊の課題となっています。ニュージーランドの酪農業は乳生産コストが主要乳生産国中最低水準で、世界有数の競争力を有しています。国際乳製品貿易においては世界最大の34%のシェアーを占め、同国輸出総額の20%、GDPの7%を占める同国最大の産業です。

当社とシンレイ社は、酪農から乳製品加工まで一貫した品質管理を通じて、食の安全・安心の提供に努めて参ります。また、持続可能な安定的供給体制を構築し、国際市場への乳製品供給の一翼を担うことで乳業界全体の発展へ寄与すべく、事業展開を積極的に推進して参ります。

参考情報

社名 Synlait Limited
所在地 ニュージーランド クライストチャーチ市郊外 Rakaia地区
設立時期 2000年
総資産 NZ$135百万ドル(121億円)
事業内容 酪農事業、乳製品加工販売事業

ご注意:
本発表資料には、将来に関する記述が含まれています。こうした記述はリスクや不確実性を内包するものであり、経営環境の変化などにより実際とは異なる可能性があることにご留意ください。また、本発表資料は、日本国内外を問わず一切の投資勧誘またはそれに類する行為を目的として作成されたものではありません。

Information