Main

赤道ギニア液化天然ガス(LNG)プロジェクトのLNG出荷開始について

2007年5月25日


Main Contents

2005年6月6日に当社の出資参画をお知らせしました、赤道ギニアLNG社は、同社が保有するLNG第一生産系列にて生産したLNGの出荷を、当初計画を約6ヶ月前倒しし、5月24日に開始しました。赤道ギニアLNG社は、英国BGグループ子会社(以下BG社)と締結済みの長期売買契約に基づき、今後17年間に亘り同生産系列にて生産される年間340万トンのLNGをBG社に供給します。BG社は購入したLNGを主に米国に輸出する予定です。

赤道ギニアLNG社は、米国マラソン・オイル社(以下マラソン社 出資比率60%)、赤道ギニア国営ガス会社であるソナガス・ジー・イー社(以下ソナガス社 同25%)、当社(同8.5%)、及び丸紅株式会社(同6.5%)が共同で設立した、赤道ギニアLNGプロジェクトの事業会社です。同社のLNG第一生産系列は、2007年第4四半期のLNG出荷開始を目標とし、総事業費約15億ドルをかけて、赤道ギニア共和国ビオコ島北西部のプンタ・ヨーロッパ地区に建設が進められていたものです。

当社は資源・エネルギーを重点分野と位置付け、アブダビ、西豪州、カタール、オマーン、サハリンII、タングーなど複数の優良なLNG事業への参画を通じて、同事業をコアビジネスの一つに育成してきました。大西洋域における当社初のLNGプロジェクトである赤道ギニアLNGプロジェクトの出荷開始により、当社はLNG事業ポートフォリオの更なる拡充を果たすと共に、新たな活動基盤を築き、グローバル化するLNGビジネスに対応することを目指します。

ご注意:
本発表資料には、将来に関する記述が含まれています。こうした記述はリスクや不確実性を内包するものであり、経営環境の変化などにより実際とは異なる可能性があることにご留意ください。また、本発表資料は、日本国内外を問わず一切の投資勧誘またはそれに類する行為を目的として作成されたものではありません。

Information