Main

高齢者施設ファンド事業に参画

2007年4月5日


Main Contents

当社は有料老人ホーム等高齢者施設を投資対象とする不動産ファンド事業に参画しました。120億円規模でファンドを設立し、3年から5年後には不動産投資信託(J-REIT)への転換も視野に入れます。オフィスビルやマンションの取得競争が激化する中、物流施設ファンド事業に次ぐ専門分野に特化したファンド事業への参画によるビジネス機会を創出します。

ファンドは主に有料老人ホームなどの不動産を購入し介護事業者等に貸出します。文京区、品川区の介護付有料老人ホームのほか、大手介護事業者のオフバランスにかかる複数物件を取得することにより当初は合計50億円程度にてスタートし、120億円規模への拡大を計画しております。複数の介護事業者が運営する物件取得を見込んでおり、高齢者向け住宅やクリニックなども組入れた本格的なファンドとなります。既に、新規開設案件やリースバック案件の相談が持込まれており、資産規模を300~500億円程度へ積上げた後には不動産投資信託(J-REIT)への転換を目指します。

ファンドによる介護事業者の選定を含む案件発掘は、介護系特化型ファンド運営会社であるリエゾン・パートナーズと提携しました。介護事業者の財務内容や事業戦略・地域戦略を評価することは勿論ですが、施設長インタビューや入居者の満足度調査なども行い「介護サービスの質」そのものを精査して投資機会を発掘します。また、万が一介護事業者が破綻した場合に備え、各物件に代替事業者(バックアップオペレーター)を選定しますので、入居者にとって介護サービスの安心感が高まることとなります。

当社としましては、物流施設ファンドに次ぐ特化型ファンドを目指すことになります。米国では既に一般化しておりますが、日本におけるREIT市場では「ヘルスケア施設特化型」は未だ存在しませんので、大きな期待が寄せられています。また、介護関連分野では、国や自治体が財政難の様相を呈す一方で、事業者の資金需要は高まっている中、こうした分野の資金需給を埋める機能を提供するビジネスは、意義が有ると判断した次第です。

出資は、当社(出資比率は18.75%(ファンド設立時))のほか、不動産リースや医療モール組成でも実績のある三井リース事業、設備関連会社の新日本空調、及び独立系ファンドであるエムケーキャピタルマネージメント(MKCM)(同49.5%)も共同投資します。尚、本出資はドイツ証券が取扱いました。

エムケーキャピタルマネージメント

マザーズ上場の独立系不動産投資顧問会社。中小規模のオフィスビルや住宅を中心に約九百億円超の資産を運用する。

設立 2001年9月
資本金 20億8820万円(2006年11月)
代表 加藤 一郎太
所在地 東京都港区北青山3-3-11 ルネ青山ビル4F
事業内容 アセット・マネージメント事業、アセット・インキュベーション事業、ビジネス・サポート・ローン事業、フィナンシャル・アドバイザリー事業、債券売買事業、不動産仲介事業
URL

リエゾン・パートナーズ

野村証券グループから独立した、介護系高齢者住宅の特化型ファンド運営会社。既に百十億円規模のファンド投資実績を持つ。

設立 2005年3月
資本金 10百万円(2007年3月)
代表 秋元 二郎
所在地 東京都港区虎ノ門五丁目11番1号
オランダヒルズ森タワーRoP 901
事業内容 ファンド・マネジメント事業、アセット・マネジメント事業、共同投資事業
URL

ご注意:
本発表資料には、将来に関する記述が含まれています。こうした記述はリスクや不確実性を内包するものであり、経営環境の変化などにより実際とは異なる可能性があることにご留意ください。また、本発表資料は、日本国内外を問わず一切の投資勧誘またはそれに類する行為を目的として作成されたものではありません。

Information