Main

環境

三井物産の森

森林のさまざまな機能

森林は、木材を得るだけでなく、私たちの暮らしに欠かせないさまざまな公益的機能を持っています。
三井物産の森におけるそれらの機能の価値を定量評価※すると、1年あたりおよそ1,200億円にも上ります。森がこうした機能を十分発揮できるようにするためにも、当社は適切な整備・管理を継続しています。

森林の公益的機能と評価額

国土の保全

根を張ることで土壌を保全し、土砂災害を防止します。

機能 三井物産の森の評価額 全国の評価額
表面侵食防止 495億円/年 28兆2,565億円/年
表層崩壊防止 148億円/年 8兆4,421億円/年

水をコントロールする

腐葉土が雨水を貯えることで洪水の発生を抑制し、水を浄化して地下水を供給します。
三井物産の森のうち約13,000ヘクタールが水資源の確保や水害防止に役立つ「水源涵養保安林」として公的に指定されています。

機能 三井物産の森の評価額 全国の評価額
洪水緩和 113億円/年 6兆4,686億円/年
水資源貯留 153億円/年 8兆7,407億円/年
水質浄化 257億円/年 14兆6,361億円/年

大気の浄化・地球温暖化防止

二酸化炭素(CO2)を吸収・固定し、酸素を放出します。三井物産の森では年間約16万トンのCO2を吸収・固定しています。

機能 三井物産の森の評価額 全国の評価額
CO2吸収 22億円/年 1兆2,391億円/年

カーボンニュートラルな燃料

樹木は大気中のCO2を固定化するため、燃料として利用しても固定したCO2の放出であり、化石燃料とは異なり、大気中のCO2濃度の上昇にはつながりません。

機能 三井物産の森の評価額 全国の評価額
化石燃料代替エネルギー 4億円/年 2,261億円/年

生物多様性の保全

生物の生息・生育の場を提供し、遺伝子、生物種、生態系を保存します。

文化を育む基盤になる

山や森の生活に必要な知識・技術を伝承することで、地域固有の文化を築きます。

憩いの場となる

森林浴によって憩い・安らぎを得られます。

機能 三井物産の森の評価額 全国の評価額
保養機能 40億円/年 2兆2,546億円/年

※自然風景を鑑賞することを目的とした旅行に関してのみ試算

教育の場になる

森での体験が、人と環境の問題を考えるきっかけになります。

森林の公益的機能とその評価額合計
1,232億円/年

※資料:林野庁『森林・林業白書(平成25年度版)』より。
三井物産の森の評価額は、林野庁『森林・林業白書(平成25年度版)』の評価額に、三井物産の森が全国の森林に占める面積割合を乗じた金額。当社の評価額合計は、三井物産の森のそれぞれの評価額の単純合計。

これらを踏まえて、当社では森の継続的な整備・管理に加えて、以下の取り組みを進めています。

  • 未利用材を木質バイオマスとして、火力発電およびボイラーなどの燃料に有効活用。

  • J-VER制度を利用し、三井物産の森で固定されるCO2吸収量の認証を受け、オフセット・クレジットを販売する取り組み。

  • 地域の文化や伝統の保全に貢献するために、京都府・清滝山林の活用による京都の伝統行事保全への協力に関する協定を(社) 京都モデルフォレスト協会および京都府と締結。また、北海道・沙流山林の活用による「アイヌ文化の保全および振興」に関する協定を(社)北海道アイヌ協会平取支部と締結。北海道平取町とも協定を締結し、同町が行う「イオル(アイヌの伝統的生活空間)再生事業」や産業振興に協力。

  • 教育・憩いの機能を生かし、子どものための森林体験を実施。