Main

社会の変化を先取りした高付加価値な商品とサービスの提供により、人々の豊かな生活に貢献

ビジネス分野

不動産分野
不動産開発・賃貸事業、不動産運用事業、不動産ソリューション事業、不動産関連サービス事業
生活事業開発分野
住宅資材事業、森林資源事業、紙資材事業、産業資材事業
ファッション・繊維分野
ブランドリテール事業、衣料品OEM(他社ブランドの製品製造)、原料・素材調達事業

植林から始まるウッドチップの安定供給 (2分09秒)

他の動画を見る

事業概要

将来的な顧客ニーズを捉えた新たなビジネスモデル創造への絶え間ない挑戦

少子高齢化、人口減少を迎えた日本の消費市場は成熟期にあり、利便性や安全性に対するニーズの高まりなど、求められる商品やサービスの質が大きく変化してきています。世界の消費市場は、人口増加や生活水準の向上、ライフスタイルの変化などを背景に、質・量の両面でさらなる成長が期待されています。コンシューマービジネス本部は、こうした市場・顧客ニーズの変化を捉え、長年にわたって信頼関係を構築してきた優良パートナーと、すでに取り組んでいる事業をさらに強化するとともに、新しいビジネスモデルの創造に向け、絶え間なく挑戦を続けていきます。

成長分野に着目し、グローバル展開を図る

不動産分野では、日本でのオフィスビル・物流施設、アジアでのオフィスビル・物流・産業施設、米国でのシニアリビング・賃貸住宅事業など、成長が見込める分野・地域において事業を展開していきます。

生活事業開発分野では、アジア市場における紙需要拡大、森林保全に対する意識の高まりを見据え、環境に配慮した森林認証付き植林・ウッドチップ事業の取り組みを強化・多様化していきます。

ファッション・繊維分野では、日本および米国を舞台にしたブランドリテール事業に加え、衣料品OEM事業、高機能原料・素材調達の拡大などを目指します。

主なプロジェクト

  • シニアリビング事業、賃貸住宅事業(米国)
  • オフィス事業(日本、アジア)
  • 物流・産業施設開発事業(日本、中国、アジア)
  • 植林・ウッドチップ加工輸出事業(豪州、チリ)
  • 衣料品OEM、原料・素材調達事業(グローバル・日本)
  • ブランドリテール事業(日本・米国)

動画

  • インドにおける衛生陶器製造事業 (1分51秒)

  • グローバルブランド事業 (2分49秒)